クラブの選び方

クラブ選びのノウハウ 【 FW&UTの選び方 】

今回はフェアウェイウッドとユーティリティ選びのノウハウをご紹介。より自分に合ったクラブで飛距離アップとスコアアップを実現してください。

1. セッティング

ウッドセット=1W、3W、4W(または5W)が主流であったひと昔前とは違い、現在は、フェアウェイウッド(以下FW)、ユーティリティ(以下UT)とも番手の多様化が進み様々なセッティングがバッグを賑わせています。そんな中での注意点はズバリ、ドライバーとアイアンの橋渡しがキッチリできるセッティングかどうかです。例えば、ドライバーをはじめとしたウッドタイプが得意であれば、基本の1、3、5Wにウッド型UTの21度、24度を入れ、5番アイアンにつなげるとか、逆にウッドよりもアイアンが得意であれば、アイアン型UTの17度前後のものから揃え、アイアンまでの橋渡しをするといった選択がオススメです。いずれのケースにしろ、扱いやすく各番手の飛距離差が明確に打ち出せるセッティングが好ましいといえます。

2. 重量

重量とバランスには特に気を配ってください。クラブの重さはほとんどがシャフト重量により決まりますので、ドライバーと一番長いアイアンの重量差に収まる範囲でできるだけ均等に重量差が出るセッティングにしてください。そうすることで全番手のスイングリズムが一定になり、ミスショットの確率を下げてくれます。

3. UTのヘッド形状

UTのヘッド形状は大きく分けて、ウッド型、アイアン型、中間型の3タイプです。それぞれの特徴については、ウッド型=飛距離が出る、高弾道、方向性がやや悪い、アイアン型=方向性重視、中弾道、飛距離がウッド型ほど出ない、中間型=高中弾道、飛距離・正確性ともウッド型とアイアン型の中間といった具合です。

以上を参考にセッティングをお考えいただくことで、コース攻略の幅がグーンと広がり、スコアアップが図れます。


最新カタログ掲載商品 話題の商品をいち早くお届け

  • エージシューター Age Shooter
  • STAFF DIARY スタッフ日記
  • mobile site ゴルフ情報を携帯でチェック!

ページの先頭へ戻る