クラブの選び方

クラブ選びのノウハウ 【 ドライバーの選び方 】

ゴルフクラブを購入する際に皆様はどんな点に注意していますか? ここでは、皆様により自分に合ったドライバー選びのノウハウを特別にお教えします。レッスンプロが薦めるドライバー選びのコツを参考にベストフィットドライバーを見つけてください。

1. ヘッドサイズ

現在、プロの間でも460tが流行っています。ひと昔前は、プロはボールをコントロールしやすい小さめのヘッドを好んでいましたが、今はアマチュアと同じようにボールコントロールをあまり必要としない大きなヘッドを好んで使います。ですから、皆様も違和感のない程度で大き目のヘッドを使った方がミート率が向上し、安定した飛距離が得られます。ただ、大型ヘッドのほとんどが高重心のディープフェースになっているので、ヘッドスピードが低いゴルファーではボールが上がらずキャリーが稼げないという問題点も…。大型ヘッドでありながら、シャローフェースになっているものがアマチュアにはベストといえるでしょう。
※ヘッドスピードが42m/秒以下の方はフェース高55o以下を選ぶようにしましょう。

2. シャフト硬度

シャフト硬度を大きく分類すると硬い方からX(エキストラスティッフ)、S(スティッフ)、R(レギュラー)、A(アベレージ)、L(レディース)の5種類です。選択の基準はヘッドスピードになります。X=HS46m/秒以上、S=HS42〜47m/秒、R=HS37〜43m/秒、A=HS32〜38m/秒、L=HS33m/秒以下が一応の目安となりますが、弾道の高低、左右へのスピン量などによって硬め、軟らかめを選択すればより正確で飛距離の出るショットが可能となります。

3. クラブの長さ

理想は振り切れる範囲内で最長、かつミート率が落ちないものです。現在のドライバーの主流はヘッドの大型化とシャフトの軽量化によって10年前より2インチ前後伸び45インチ前後になっています。これを基準に、ミート率に自信がなければより短いものを使うことでミート率が高まり、また、フィニッシュまで振り切れ、ヘッドスピードもアップします。逆にミートに自信があれば45インチでも構いませんが、振り切る自信がなければ短めのものをお選びください。

4. 重さ

飛距離に直結するヘッドスピードをアップさせるにはクラブの軽量化が一番。しかし、ヘッドスピードが45m/秒もある人が270g台のドライバーを使うと、ボールがムダに吹き上がり、かえって距離をロスしてしまうことも…。ヘッドスピードに合った重さを選び、効率良く飛ばしましょう。HS46m/秒以上=310g以上、HS42〜47m/秒=290〜315g、HS37〜43m/秒=280〜300g、HS32〜38m/秒=270〜290g、HS33m/秒=275g以下が目安となります。


最新カタログ掲載商品 話題の商品をいち早くお届け

  • エージシューター Age Shooter
  • STAFF DIARY スタッフ日記
  • mobile site ゴルフ情報を携帯でチェック!

ページの先頭へ戻る