がくぶん特選館 / もっと知り隊一覧 / 「醸壺(かもしこ)」~西京味噌編~
スタッフが商品をお試し!
もっと知り隊ムラカミ隊長タイトル画像
ネットでのお買い物は不安になることもありますよね。皆さまの不安や疑問を解決すべく、特選館スタッフが「もっと知り隊」と称して、お客様目線で話題の商品を徹底調査いたします!

ムラカミ隊長

・ムラカミ隊長
がくぶん特選館スタッフ。商品紹介担当で、ノリのいい紹介に定評がある。「お仕事以上に楽しませてもらっています!!」とは本人談。

醸壺(かもしこ)「西京味噌編」

発酵食品が作れる醸壺(かもしこ)で手作りお味噌を作る

ついにお味噌(西京味噌)を作ってみた

醸壺(カモシコ)本体

これさえあればあなたも発酵職人に!?

こんにちは!ムラカミ隊長です。
醸壺(かもしこ)で、納豆ヨーグルトや、 今までいろんなものを作ってきましたが… なんといっても気になっていたのは「西京味噌が作れる」ということ!
もともと、西京味噌は味噌の中では比較的短期間で作れるものではありますが…醸壺(かもしこ)を使えば「熟成時間たった8時間で作れる」って、ほんまかいな!? ということでついに西京味噌、チャレンジしてみました。

目次
  1. 材料
  2. 作り方
  3. 完成
  4. 保管方法
  5. 購入したい

今回は「手作り西京味噌」に挑戦です!

納豆』にも挑戦しました。
甘酒』にも挑戦しました。
ヨーグルト』にも挑戦しました。

材料

材料
米麹(乾燥) …200g
大豆(乾燥) …100g
塩 …30g
大豆の煮汁orお水…適量

作り方

大豆は前の晩から水につけておきます。

そして大豆を煮ます。
私は圧力鍋で25分ほど加熱して煮えました。

アツアツ、ホクホクの煮豆。おいし~。このまま全部食べてしまいたい。

お豆が煮えたら、突然ですがここで3のポーズをします。さんっ!!

煮豆の柔らかさをチェックします

何をしているかというと、大豆の柔らかさのチェックです。 目安は「親指と小指で、豆が楽につぶれる程度」らしいですよ。
親指と人差し指、ではないところがポイント。

あまり力が入らないのに、つぶれる柔らかさってことがわかって頂けますでしょうか?さぁこの大豆をつぶしていきます。

むにゅっとして気持ちいいです。
「嫌だわ、手が汚れるじゃない!」
という方はフードプロセッサー等で何とかしてください。

つぶし残しが無くなったらOKです
そこにほぐした米麹と塩を入れます。

豆を煮た際の煮汁、無ければ水を入れて、ムラがないようによく混ぜます。

煮汁が無ければお水でも大丈夫。しっかり混ぜましょう。

えらく水っぽいなぁ…と不安になると思いますが大丈夫です。

内容器に入れ、内ぶた、取手ふたを閉めて、本体にIN。

温度60度、8時間にセット! さてどうなるかな~?

完成

―― 8時間後
できた! 麹のつぶつぶが、おいしそう!

水っぽさがなくなり味噌らしくなりました!

あんなに水っぽかったのが、ポッテリとした味噌になってます。 乾燥麹を使ったからでしょうか。 赤味噌を並べてみると色の違いがよくわかりますね。

保管方法

冷蔵庫で保管するのですが冷蔵庫の中でも熟成が進むので、時々かき混ぜてあげましょう。
2~3日経つと、より味がこなれてきて、麹の甘さがさらに強くなりました。

ぜひこの甘味の強い自家製西京味噌を使って色々なお料理に挑戦して下さい!

こちらの商品は特選館からご購入いただけます。
この商品が欲しい!

関連記事
このページをシェア