知っていれば、補聴器選びが面白くなる!

「ちょっと聴こえにくくなってきたな…」 そう思っても、補聴器を使うべきか?どんな種類があるのか?自分に合った補聴器は何なのか…? 見当もつかず、ご不安かもしれません。 そこで、10年以上にわたって補聴器を扱ってきた『がくぶん特選館』のノウハウから、補聴器選びの基礎知識をご提供します。 知っていれば、補聴器選びがグンと面白くなること請け合い!

新聞広告でもおなじみの「がくぶん特選館」

新聞広告でもたびたび補聴器をご紹介させていただいている「がくぶん特選館」が補聴器について詳しくご説明いたします!

特選館の新聞広告

補聴器選びの基礎知識

補聴器の種類

アナログとデジタルについて

アナログ補聴器とは
アナログ補聴器は最初に補聴器に届いた元々の音(アナログ音)を、そのまま増幅して耳に届けるタイプです。シンプルな機能の分、デジタル補聴器と比べて音が自然で聞きやすいと感じることもあります。 また、機能を厳選している分簡易な構造のものが多いため、デジタルと比べて本体価格が比較的低い傾向があります。
デジタル補聴器とは
デジタル補聴器には、いくつかの機能を持っているものが多く、代表的な機能には補聴器に届いた音を周波数(高い音、低い音など)レベルで分解して それぞれの周波数ごとに聞こえやすいように補正してくれるものがあります。 それによって、「低い音は聞こえるけれど、高い音が聞こえないんだよなぁ」といった人それぞれのお悩みに合わせた、より快適な補聴器の選び方、使い方ができるようになります。
そのほかには、日常の会話や音声とは異なる突発的な雑音(ものを落とした時など)は、 大抵の人にとってハッキリと聞こえなくてよい音になるのでそういった音は増幅せずに抑制する機能や、耳の向いている横からの音は、わりと聞き取りやすいので音量は大きくは変えず、一方で後ろからの音は聞き取りにくいので、後方からの音は音量を大きくするなど、 音の飛んでくる方向によっての調整ができるタイプのデジタル補聴器もあります。 またデジタル補聴器を中心に、最近では補聴器の小型化が進んでいて、着用していても目立ちにいくものも増えています。

おすすめの補聴器を選ぶ

耳穴式・ポケット式・耳掛け式の3種類の補聴器の特長と、おすすめの製品をご紹介します。

3つの種類から補聴器を選ぶ

耳穴式・ポケット式・耳かけ式

大きく分けて、補聴器は「耳穴式」「ポケット式」「耳かけ式」の3種類になります。このページでは各種類の特徴や、その代表的な製品をご紹介。 あなたに合った補聴器を見つける、お手伝いをさせていただきます。

耳穴式

耳穴にスッポリと差し込んで装着するタイプ。小さく軽いため、装着による違和感がほとんどないのが特徴です。 「持ち手」がしっかり付いているので、「奥に入って取れなくなるのでは?」といった心配はご無用! メガネをかける方、補聴器を見せたくない方に特にオススメのタイプです。

ポケット式

本体をポケットに入れ、そこからイヤホンを伸ばして聴くタイプ。 イヤホンで聴きながら本体を見て操作できるため、耳かけ式よりさらに扱いやすいのが特徴です。 また乾電池を使用する商品が多いため、空気電池と比べて電池交換が容易です。

耳かけ式

補聴器本体を耳の裏にかけて、そこから耳せんを差し込むタイプ。 少し大きいぶん操作もしやすく、紛失しにくいのもメリットです。また、全体的な性能もやや高め。 リモコンで操作できる製品もあり、扱いやすさに長けています。

補聴器と集音器の違い

耳補聴器

一定の基準に基づいて調整し、厚生労働省から医療機器認定を受けたもの。非課税商品。医療機器のため販売店が限られる。

集音器(拡聴器)

メーカー独自の基準で調整したもの。課税商品。扱いは家電の一種となるため、幅広い販売店で扱える。

補足 認定に少なからずお金や時間を要することなどから、あえて補聴器認定を取らないメーカーもあります。 「補聴器が合わなかったけれど、集音器は合う」という方も少なからずいらっしゃるため、あまり違いにとらわれない方が選択肢が広がります。

骨伝導補聴器・骨伝導拡張器とは

補聴器をはじめ、耳の聞こえをサポートする機器のなかには、骨伝導の仕組みを活用したものもあります。骨伝導とは声帯などの振動が頭蓋骨(骨)を介して直接聴覚神経につたわるものです。耳で音を聞くのが「空気の振動」を活用するのに対して、骨伝導は「骨の振動」を活用しています。

骨伝導式の場合耳をふさがないため、一般的な補聴器などで感じる耳の閉塞感が苦手な方にとっては、快適さを感じられる可能性があります。一方で、取り付ける位置がずれると聞こえが悪かったり、振動を確実に伝えるためにしっかり固定した結果、耳が痛く感じる場合がありますので、可能であれば使用感を確かめてから日常生活に取り入れることをお勧めします。

また、骨伝導の場合は、外耳や中耳を通さずに直接内耳へ音を届けるので、外耳や中耳の具合が良くない場合には、骨伝導式を利用することで状況が改善することがあります。

補聴器の選び方

あなたの聴こえを調べてみる

聴こえのチェック

ご自身の聴こえは、問題ありませんか?

10個の質問に答えて、聴こえの状態をチェックしてみましょう
※所要時間 約1分

準備が出来ましたら〔開始〕を押して下さい

開始

難聴度から選ぶ

※当店でお取り扱い可能な補聴器は、中等度まで対応(一部は高度難聴前半まで対応)の製品のみとなります。 高度難聴後半~重度に対応した補聴器は、主治医の方にご相談くださいませ。

軽度難聴

聴力レベルが25~39dBHL。 静かな声、2~3メートル以上離れた場所、騒がしい場所などでの聴き取りが難しい。 特に外出時の聴き取りが難しい場合が多く、補聴器のご使用でお出かけが楽しくなるでしょう。

中等度難聴

聴力レベルが40~69dBHL。 普通の声の大きさの会話、テレビの音の聴き取りが難しい。 快適な生活を送るため、補聴器のご使用を強くおすすめします。

高度難聴

聴力レベルが70~89dBHL。 ごく近くや、耳元での会話でないと聴き取りが難しい。 会話だけでなく、車や自転車の音なども聴こえない可能性が高いです。安全面からも、補聴器のご使用を強くおすすめします。

重度難聴

聴力レベルが90dBHL以上。 ほとんど音が聴こえない。 補聴器でも対応できる製品が限られるため、まずは主治医の方へご相談ください。

補聴器の形状から選ぶ

耳穴式

耳穴にスッポリと差し込んで装着するタイプ。小さく軽いため、装着による違和感がほとんどないのが特徴です。 メガネをかける方、補聴器を見せたくない方に特にオススメです。
→耳穴式の補聴器を見る

ポケット式

本体をポケットに入れ、そこからイヤホンを伸ばして聴くタイプ。 音を聴きながら本体を見て操作できるため、操作がしやすいのが特徴です。
→ポケット式の補聴器を見る

耳かけ式

補聴器本体を耳の裏にかけて、そこから耳せんを差し込むタイプ。 少し大きいぶん操作もしやすく、全体的な性能もやや高め。リモコンで操作できるタイプもあります。
→耳かけ式の補聴器を見る

ハウリングと耳栓について

ハウリングとは

補聴器を使用した際に聴こえることがある、キーンとした音やピーピー音がハウリングです。 この正体は、一度は補聴器で増幅された音が、再び補聴器のマイクに入って増幅された音。 最大の原因は、耳栓が耳穴にピッタリはまっておらず、その隙間から音が漏れることです。

耳栓について

十人十色な耳穴の形に対し、できるだけ多くの方に耳栓が合うよう、メーカーも以下のような工夫を施しています。 最初に合わないと感じても、まずは付属している他の耳栓に替えてみましょう!

補聴器の値段・価格・相場

補聴器の本体価格は形状や機能の違いにより、数万円から数十万円までの幅があります。通信販売で取り扱われていることのあるものでは、中等度の症状に対応したもので2~5万円、中~高等度の症状に対応したもので8~10万円ほどの価格帯が多くなっています。

補聴器のお試しについて

当店の補聴器はお届けから8日間以内であれば、お試し後でもご返品を承ります。

性能も大事ですが、もっと大事なのがお耳との相性。どんなに高性能の補聴器でも、全ての方のお耳に合うとは限りません。 万が一お耳に合わなければ、遠慮なくご返品ください。

※ご返品時の送料はお客様にご負担をお願いしております。何卒ご了承くださいませ。

※ご返金のお手間を減らすため、ご注文時のお支払い方法は「一括払い(郵便振込)」を推奨しております。

お試し後、お耳に合えばお振込いただき、合わなければお振込せずにご返品いただければ結構でございます。

補聴器の集音器

初めて触れた補聴器が扱いにくいと、補聴器そのものに苦手意識を持ってしまうことも少なくありません。 そこで、初めての方でも扱いやすいシンプルな補聴器を以下でご紹介します。 『どれを選べばいいか分からない』という方は、まずはこちらをお試しください!

オンキヨー デジタル補聴器
オンキヨー デジタル補聴器 OHS-D21
音響器の名門「オンキヨー」製、耳穴式デジタル補聴器。ハウリングを打ち消して明瞭な聴こえを実現します。 耳の中にすっぽり隠れる小ささで、補聴器の着用を気づかれたくない方にもオススメです!
価格:29,800円 非課税
美聴だんらん
美聴だんらん
信頼の日本製ポケット式補聴器。国内メーカーならではのこだわりで、日本語の聴きやすさを追求しました。 操作は電源と音量調節のみで、とてもシンプル!手元を見ながらできるため、ボタンの位置にも迷いません。
価格:29,800円 非課税
エーストーン エリーズプロ
エーストーン エリーズプロ
生活シーンに合わせて、会話・外出・電話の3つのモードにワンタッチで切り替え可能! 中高度難聴まで対応した余裕の音量に加え、ハウリング対策も徹底。 モード切り替えと合わせて、電話での会話が非常に快適になります。
価格:49,800円 非課税
おすすめの補聴器一覧を見に行く