• トップページ
  • 新着受講体験談

新着受講体験談

 

安里さん

AGEフード・コーディネーター養成講座

安里 千恵子さん(74歳/沖縄県)

女性長寿日本一の集落で、まず
自分から健康な食を広めたい

自分の集落は女性長寿日本一です。それを守るためにも若い人たちに食育の大切さを指導していきたいと思い、受講しました。

AGEは聞きなれない言葉でしたが、勉強を進めていくうちに、自分の食生活にもとまどいが出てきました。AGEを学べたことで、老後を楽しく食生活に注意していきたいと思うようになりました。

大学の通信教育を受講したほか、野菜コーディネーター、国際薬膳食育師(薬膳マイスター養成講座)、NPO日本食育インストラクター、醸しにすと(発酵食スペシャリスト養成講座)、和食にすと、それにAGEフード・コーディネーターと、がくぶんの講座でたくさん資格を取得しました。そんなに取ってどうする?と周りからは笑われていますが、自分や周囲の人の健康のためと考えています。

昨年11月には村役場観光課と旅行会社の紹介で、18人の旅行者の方々に向けて体験学習も行いました。今後も様々な場面で食の重要性を伝えていけたらと思います。


安里さんが受講したのは・・・AGEフード・コーディネーター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

木和田さん

AGEフード・コーディネーター養成養成講座

木和田 悦子さん(59歳・パート/兵庫県)

手抜き油抜きで若々しい体に
周りの人の健康にも役立てたい

キレイに歳を重ねる、体の老化を止める食事があるというので、一度学んでみたいと思って受講しました。

レシピ写真がカラーで楽しく学べました。食材には手を加えるほどよくないと知り、手抜き油抜きの料理でも十分美味しく食べられるのでやる気が出ました。
AGEフードを取り入れて以来、体力測定をした結果、平均よりも瞬発力が20歳、肺機能が27歳、血管年齢が10歳も若かったです。

またボランティアで体操教室を月2回指導しているのですが、AGEの話をしたところ教えてほしいとみなさんに言われたので、近々勉強会を開く予定です。お役に立てればと思っています。
高血圧、コレステロール値の高い人、糖尿病の人もいるので、少しでも健康になってほしいと願っています。
これからも、いろいろと役立つ講座を開講してほしいです。よろしくお願いいたします。



木和田さんが受講したのは・・・AGEフード・コーディネーター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

高橋さん

ゆびで編む編み物講座

高橋 陽子さん(71歳・主婦/京都府)

上手になったら親戚や友人、
娘や孫にもプレゼントしたい

作品

70の手習いとして何かを身につけたいと思い、始めることにしました。

指で編むのに魅力がありましたが、アンデミルミル器のような編み器もあって便利だなと思いました。

今は一人で静かに学んでいます。上手に編めるようになれば親戚、友人にプレゼントしたいなと思っています。もちろん娘や孫にも。

一本の糸でこのようにいろいろなものが作れることに感動しています。毎日の生活に楽しみができましたので、少しずつ続けていきたいと思っています。



高橋さんが受講したのは・・・ゆびで編む編み物講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

前田さん

AGEフード・コーディネーター養成講座

前田 至章さん(78歳/滋賀県)

AGEを意識して、私も友人も
毎日の食生活が変わりました

酵素栄養学の本を読んで野菜の重要性を知った頃にAGEフード・コーディネーター養成講座の案内がきたので、この講座では酵素栄養学をどの程度取り入れているのかと考え、これは受けてみようと思いました。

さまざまなAGEメニューが出ていたのが役に立ちました。友人にもAGEの話をしたところ、食べものに気を遣うようになりました。私自身も毎日の食生活に取り入れていて、スーパーの食品売り場でも天ぷら、焼き魚のところは行かなくなりました。パン屋もほとんど行きません。

新聞、雑誌、テレビで料理についての情報を注意して見ていますが、AGEの話が出てきません。生野菜のレシピや料理も巷にはほとんどありませんので、それだけ先進的な講座なのだと思っています。
食べものが体の中に入ってからが重要なので、酵素栄養学の講座ができたら学んでみたいと思っています。



前田さんが受講したのは・・・AGEフード・コーディネーター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

野上さん

薬膳マイスター養成講座

野上 有香さん(31歳・パート/青森県)

自分と子どもたちの健康のために
ずっと役立つこと間違いなし

自分も子どもたちもアレルギーがひどく、病院に行っては薬をもらい…。この繰り返しが嫌で「食でなんとかできないか!」と思い、受講しました。

体の仕組み、何を食べると体に良いか悪いか、陰陽のバランスなどがとても面白く、料理を作るうえで役立ちました。料理の中身が変わったことで、家族が健康で過ごせています。「おいしい!」といつも言ってくれます。
子どもにベビーマッサージを教えているので、その一部として、幼児期の食についても教えていけたらと思っています。

「食の大事さ」と、「食で体も心も変わるんだ」ということが学べました。この先ずっと役立つこと間違いなしです。


野上さんが受講したのは・・・薬膳マイスター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ
村川さん

薬膳マイスター養成講座

村川 亜紀さん(39歳・食品関連/長崎県)

自分のどこが悪いのかがわかり、
それを料理で治すことができた

食育関連の資格を取りましたので、より知識を深めようと受講を決意。

体質診断チャートにより、自分のどこが悪いのかがわかる点、そして料理で治すことができた点が、非常に良かったと感じました。友人たちからは、急に料理の勉強を始めたことで驚かれもしましたね。

学んでみて、料理のレパートリーが増え、作る手際も良くなりました。また、病気の内容を理解でき、そして資格まで取れるこの講座は、本当におススメだと感じました。今は豆乳プリンづくりに挑戦中です。

村川さん料理1 村川さん料理2 村川さん料理3


村川さんが受講したのは・・・薬膳マイスター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ
河村さん

食育インストラクター養成講座

河村 眞弓さん(66歳・手話インストラクター/大阪府)

何歳になっても学べる通信講座。
その経験は、大変有意義でした

一昨年に大病を患ってしまい、退院後に食事療法関連の書籍を何冊か読んで食べものの大切さを再認識。一つひとつの食材について知識を深めようと受講しました。

食事マナーの基本、日本の食文化についての内容は、地域で食育に取り組もうと考えている私にとって大変役に立つものでした。66歳で通信講座を受講していることに驚かれたり感心されたりしましたが、自宅で開いている手話サークルの生徒さんに学んだことを伝えると「参考になります!」と喜ばれています。


何歳になっても、目的に向かって勉強することがかなう通信講座の経験は、大変楽しく有意義な時間でした。将来は食育の講座を開きたいと思っています。ありがとうございました。


河村さんが受講したのは・・・食育インストラクター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

大貫さん

食育インストラクター養成講座

大貫 千恵さん(57歳・主婦/神奈川県)

今はなるべく添加物が含まれない
地産食材を選ぶようにしています

身体の冷えや更年期にさしかかり体調が芳しくなかったことから、薬膳で体調管理ができるようになると嬉しいなあ、と考え受講しました。

学んで特に役立ったのは、体質別に薬膳の食事の摂り方が異なることと、日頃のレシピに少し取り入れるだけでもよいことですね。もっとハードルが高いものだと思っていたので、意外と手軽に薬膳を取り入れることができて本当に良かったです。

周りからも「レシピを教えてほしい」とか、「私も習いたい!」という声をよく聞きましたよ。私も手足の冷えが解消されるなど体調に変化を感じられて、それが相手にも伝わり、納得してもらえたんでしょうね。

学んだことで日頃の食生活に対する意識が変わってきました。そしてその知識を活かすことで、家族が病気になる前の事前予防できるようになりましたね。私も冷えが解消したことで、この冬をホカホカ過ごせそうです。



大貫さんが受講したのは・・・食育インストラクター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ
山本さん

野菜コーディネーター養成講座

石河 雄二郎さん(47歳・会社員/神奈川県)

野菜を含め、食材を大切に
扱わなくてはならない、と実感

これまで野菜について無関心で、とにかく“食べてさえいればいい”と思っていたのですが、野菜の様々な特徴やその栄養素について知りたいと思いこの講座を受けました。

特に勉強になったと感じる点は、野菜だけでなくあらゆる食材を無駄にしてはだめだ、元をただせば命が宿っているものだから大切に扱わなくてはならない、と実感できたことでしょうか。


私の周囲には食に無頓着な方が多く、また世間でも食べ物を無駄にする人が多い印象を受けるので、これからは食べ物の大切さを少しでも伝えていけたらと思います。


石河さんが受講したのは・・・野菜コーディネーター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ
前回到着分(2017年3月10日更新)のボイスはこちら