• トップページ
  • 新着受講体験談

新着受講体験談

 

辻さん

薬膳マイスター養成講座

辻 知佐子さん(40歳/大阪府)

日本型薬膳「和漢膳」を学べて
病院に行く回数が少なくなった

家庭を持ち、毎日3食の食事を作るにあたって、家族それぞれの体調を考慮しながら作っていましたが、風邪をひいて病院に行くことが多かったり、なんとなく不調というものを感じていました。もっと体の内から健康になれる正しい知識を身につけたいと思い受講しました。 また、看護師をしていたとき、糖尿病の方へ食事指導をカロリー・栄養素などを中心に行っていましたが、人によって体質も生活習慣も違うことが気になっていました。「和漢膳」を通してその人その人に合った具体的なアドバイスができればと考えたのも、受講するきっかけになりました。

日本型薬膳「和漢膳」を学べるので、とても身近な食材や日本人の味覚に合ったメニューを勉強できたのが一番よかったです。DVDもついていて、書面だけでなく映像と声で学べることでさらにわかりやすくなりました。質問に対してもとても丁寧な回答があり、必要なときには資料なども同封してくださり理解を深めることができました。東洋医学の考え方も図を使って覚えやすいよう解説されていたのでとても役立ちました。

今回学んだことで、家族の体質や健康状態=“証”を考えて料理するようになり、我が家では病院に行くことがとても少なくなり医療費削減につながりました!また、食べるときに食材の効能などを話しながら食べることで、3歳の娘も食事や食材に興味を持ってくれるようになり、素晴らしい食育、健康管理につながっています。

家族はじめ周りの人にも「健康な食」に関心のある方が多く、ぜひ学んでアドバイスしてほしいと言われました。病院に行くまでではないけれど…という「未病」の方はとても多く、「同じ3食を食べるならこのようなものを召し上がるといい」とアドバイスすると、とても喜んでくれました。また「和漢膳」を召し上がっていただくと、「これが薬膳なの?美味しいし、普通に作れるんだ」という反応をいただきました。



辻さんが受講したのは・・・薬膳マイスター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ
清水さん

食育インストラクター養成講座

清水 万友美さん(27歳・主婦/栃木県)

結婚を意識して受講した内容が
新しい家族のため役立っています

彼との結婚を意識するようになり、将来の家族のために“健康的で美味しい食事を作ってあげたい”と考えるようになったことが受講のきっかけです。

講座では服部幸應先生出演のDVDがわかりやすく、楽しかったです。実生活に役立っているのは食材の選び方や、その栄養素を効率よく摂取するための調理法、一日当たりの食事の摂取量の目安などを学んだことです。そのおかげで、買い物の際にも自信を持ってよい食材選びをすることができるようになり、食べ過ぎを防いだり、体調や季節に合わせた食生活を意識したりできるようになりました。また、地球環境問題を併せて学んだことで、“今の環境と食に感謝する気持ち”が強まり、多くの人に学んでほしい内容だと感じました。

受講をスタートしてから数ヵ月後に通い始めた料理教室で、講座で身につけた知識を活かせる場面があり、教室の先生からお褒めの言葉をいただきました。また資格取得後は、家族や友人から「おめでとう」「がんばっているね」などとうれしい反応がありました。ある友人からは、「今度、家に料理をしに来てほしい」と言われ、今後作りに行く予定です。

清水さん料理

受講から1年ほど経った現在、結婚して、学んだことを家族の健康管理に役立てています。スーパーマーケットでの買い物では、栄養価の高い旬な食材を進んで取り入れるようにしたり、その食材の栄養素をしっかりと摂取できるよう、調理方法や食べ合わせを工夫したりするようになりました。夫の両親が無農薬野菜を作っているので、学んだことを活かして調理し、美味しく食べています。

講座の受講が自分と家族の健康や未来を考えるきっかけになりました。受講して本当によかったです。家族のために役立つような資格や趣味を今後も身につけたいです。ありがとうございました。



友田さんが受講したのは・・・食育インストラクター養成講座

講座 の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

小松本さん

スーパーフードプランナー養成講座

小松本 菜穂子さん(37歳・会社員/茨城県)

素材ごとに合わせた料理法が好評
今後はお店でも健康メニューを

“妊活”のために、栄養面・安全面に気をつけようと思い受講しました。また飲食店に勤務しているので、お店での提案に役立てようと考えたのも受講のきっかけでした。

受講してから、酸化が進みやすい、熱に弱いなど食材の特徴がわかり、効率よく栄養を摂取することができるようになりました。えごま油は卵かけご飯にかけて食べるようにしています。

学んだことは家族の健康管理に役立っています。ポテトサラダにキヌアとアマランサスを入れたものは、プチプチ食感も美味しいと評判です。旦那にはキヌア入りサラダやチアシードプリンを食べてもらったところ、彩りもよくて美味しいと大好評。友人も健康志向なので関心を持ってもらえました。今後は勤め先のお店で、健康メニューにスーパーフードを取り入れていく所存です。

今は「AGEフード・コーディネーター養成講座」が学びたいほか、食育にも関心があります。和懐石に役立つ作法や料理も学びたいです。



小松本さんが受講したのは・・・スーパーフードプランナー養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ
新谷さん

メディカルケア・アシスタント養成講座

新谷 晃子さん(57歳・主婦/栃木県)

テキストの出来には感謝しきり
先生のメッセージも力になった

娘の結婚も決まり、この辺で第2の人生をと考えました。そして私の結婚後最初となるお仕事をしようと思い、いろいろな会社に当たってみましたが、何の資格もなく57歳という年齢もデメリットでした。それなら「どうせお仕事をするのなら、人様のお役に立てる看護助手がよいのではないか」と受講を決めました。

受講して最初の頃は、何しろまったくの素人なので、入院患者様のお世話がこれほど大変だとは思いませんでした。しかし医療のことが頭に入っていくうち、どんどん看護助手のお仕事に魅力を感じていけました。私も私なりに一生懸命頑張って必ず資格を取ろうと感じ、また、このテキストなら必ず資格が取れるだろうと思わせていただけるテキストの出来に感謝しきりでした。

課題ごとの先生のメッセージが大変わかりやすく、ありがたかったです。いつも勇気づけてくださり、先生のお力をお借りして資格が取れたと深く感謝いたしております。

両親も学習について大変理解があり、応援してくれました。「貴いお仕事につけるのだから精いっぱいがんばりなさい」と言ってもらえました。患者様のお役に立つお仕事をさせていただければ、私も生きがいになりますので、患者様に感謝申し上げたいと思います。友人たちは「よくがんばったね」と温かい言葉をかけてくれました。友人たちにも受講をおすすめしたいです。

まだ看護助手としてのお仕事には就いておりませんが、近い将来お仕事に就き、入院患者様のお命を預かる貴い仕事に就けましたなら、天職と思いBESTをつくす心の準備はできております。患者様と笑顔で応対ができる看護助手になりたいと思っております。また、いずれ来る両親の介護にも役立つと思っております。もちろんテキスト、DVDなどは大切に保管し、実際の現場で役立てていきます。

6ヵ月間は長いような短いような期間でしたが、大変お世話になりありがとうございました。また、知人の方々に看護方法などを教えさせていただける機会もあるかもしれません。ありがたいことです。



新谷さんが受講したのは・・・メディカルケア・アシスタント養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

伊地知さん

ペット介護士養成講座

伊地知 たか代さん(58歳・主婦/鹿児島県)

夫の言葉に背中を押されて受講
冷静に動物たちを見られるように


東京から鹿児島県に帰ってきましたら、野良猫の多さにびっくりして心が痛みました。捨てられた猫たちをたくさん育てていますが、それでもかわいそうな猫がいっぱいいます。シェルターを作ろうと考えましたが、犬や猫の知識を持たなければ飼う資格もないように思え、受講させていただきました。

最初は正直、自分がピアノ教師だったこともあり時間を他のことに割くのは嫌でしたが、ペットたち動物たちのためには知識が必要であることを夫に言われました。そんな夫の勧めもあり資格認定を取ろうと思うに至りました。

講座の内容はすべてにおいて役に立ちましたが、最も面白かったのは動物・ペットたちの気持ちです。人間の心を敏感に感じ取り、病気にもなることがあるという動物たち。その他、ペットの保定のやり方や、食事にもいろいろとあること、家庭の中でも注意しなければならない危険があることなど、とても役に立ちました。今は勉強させていただけてとても感謝しております。夫がいちばん喜んでくれています。

まだ学んだことを活かすまではいきませんが、冷静に動物・ペットたちを見られるようになりました。動物病院に頼る前に、まずは自分で少しでも判断できればと思っています。もう一回先生方にご指導いただいた点や、教材を読み返そうと思います。

とても楽しく勉強させていただきました。また「メンタルケア・アドバイザー」など他の資格も取得したいと思っております。本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



伊地知さんが受講したのは・・・ペット介護士養成講座

講座 の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ
佐野さん

アーティフィシャルフラワー講座

佐野 美保さん(66歳/静岡県)

コサージュなどの作品は飾ったり
友人に贈ったりしています

以前、お花関連の講座に挑戦しましたが、介護に時間をとられて断念。その後、この講座の案内をがくぶんさんからいただき、介護から離れたこともあってやってみようと決断しました。

DVDとテキストによる学習は、聞き逃しがなく、見直しもできる点を魅力に感じました。通わなくてもしっかり技術を身に付けられると実感できましたね。コサージュでは、ワイヤーに一本一本ていねいにテープを巻くことにびっくり。どのような枝でも綺麗に仕上げられ、感心しました。ブーケやテーブルフラワー、リース作りも学ぶことができ、自由なアレンジができて楽しかったです。

佐野さん作品

技術は生花にも応用できますし、水要らずな点もとてもラクだなあと感じました。友人に受講を伝えると、この年齢での挑戦にびっくりされましたね。友人はその後、生花のアレンジに挑戦を始め、「いつか生徒にしたい」と話すと「いいよ、やってやろうじゃん!」と笑っていました。

できあがった作品は玄関や部屋に飾ったり、友人にコサージュを贈ったりしています。こういったプレゼントがいいアピールになり、いつか仕事に結び付けばいいなと思っています。


佐野さんが受講したのは・・・アーティフィシャルフラワー製作講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

菅浪さん

AGEフード・コーディネーター養成講座

菅浪 美智子さん(57歳・フードコーディネーター/宮城県)

教室でAGEを抑える料理法等を
教えており、喜ばれています

フードコーディネーターの仕事とともに料理教室も手がけており、生徒さんの健康を考えたメニュー作りをするうえでAGE(食べものに含まれる、老化の原因と考えられている物質)について詳しく知ろうと思い受講しました。

AGEに対しては、ただ「怖い」という漠然としたイメージしかありませんでしたが、この講座で実際に対処する目安がわかり、大変勉強になりました。また、学んだ知識を実践しようと野菜と鶏肉を低温スチーミングしたところ、普通に蒸したものと味がまったく違ってびっくり。調理法により味が大きく変わることに感動しましたね。

今は、AGEを抑える料理法やレシピを教室で生徒さんにお伝えし、ティータイムには身体に良いハーブティーを振る舞っています。生徒さんの反応も上々です。ありがとうございました。



菅浪さんが受講したのは・・・AGEフード・コーディネーター養成講座

講座 の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ
加藤さん

ウソの見抜き方講座

加藤 将大さん(29歳・公務員/福島県)

ウソをついている人がとりがちな
行動をDVDでパターン別に学習

新聞でこちらの講座の広告を見かけて興味を持ち、申し込みました。
講座では、ウソをついている人がとりがちな行動を、DVDでパターン別に学習。カテゴリ分けされることで、テキストの内容がより頭に入りやすく作られており、よかったです。

最近スマホを購入したのですが、これまでの携帯とは比較にならないほど多くの情報に接するようになりました。なかにはうますぎる話も。ですので、この講座で情報の真偽をより慎重に考えられるようになったことが、今後おおいに役立つのではないかと思っています。



加藤さんが受講したのは・・・ウソの見抜き方講座

講座 の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ
川上さん

食育インストラクター養成講座

川上 奈々さん(31歳・会社員)

食と心の関係を再認識でき、
毎日の料理や掃除が楽しくなった

毎日の料理をより良いものにしたいと思い、受講しました。
食育と聞くと“子供と食との関わり合いかた”というイメージが強かったのですが、実際に学んでみると、何歳になっても暮らしと大きく関わり続ける大切なものなのだなと実感できましたね。とにかく、目からウロコな情報ばかりでした。そして食材の栄養についてだけでなく、エコについても理解を深められたことが日々の生活に役立っています。食と心が直結していることを再認識することができ、毎日の料理や掃除が楽しくなりました。

様々な「こ食」が進んでいる状況、そして食事が心に与える影響の大きさを学び、関心も深まりましたので、今後は身近に行われている食やエコのイベントなどにも参加したいと思っています。


川上さんが受講したのは・・・食育インストラクター養成講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

中島さん

ボールペン習字講座

中島 武志さん(43歳・教員)

字が上手に、早く書けるように。
苦手な添削が楽しくなりました

語学教員として働いているのですが、授業後の赤ペン添削の際、自分の字がだんだん見るに耐えないぐらい乱れていくことに気づきました。
“このままでは、正しくきれいな字の書き方を学生に伝えることができない”と困っていたとき、この講座の広告が目に入り、失礼ですがダメもとで入会しました。

数週間後、みるみる字が上手に、しかも早く書けるようになってきていることを実感。苦手に感じていた提出物への添削も、とても楽しくなりました。自分の字が上手くなるだけでなく、教え子にもその姿勢を示し、いい影響を与えられればとても嬉しいことです。

将来はボールペンだけでなく、鉛筆や筆ペン、マーカーでも上手に早く書けるように、日々鍛錬を続けていきたいと思います。


中島さんが受講したのは・・・日ペンのボールペン習字講座

講座の詳しい案内書は無料です。お申込みはこちらからどうぞ

前回到着分(2017年10月13日更新)のボイスはこちら