硬筆書写検定(ペン字検定)について

文部科学省も後援する硬筆書写技能検定試験

硬筆書写検定は文部科学省や各都道府県の教育委員会も後援する検定試験で、書写能力を示す資格として履歴書に書くこともできます。以前はペン字検定の名称で始まり(1990年に硬筆書写検定に改称)、長い歴史の中で累計受験者数がおよそ1,000万人にもなる人気の検定資格です。

硬筆書写検定(旧ペン字検定)資格概要
主催団体 一般財団法人 日本書写技能検定協会
級位

5級・4級・3級・2級・準1級・1級

取得方法 検定試験を受けて各級ごとに設定された合格点以上の成績をおさめること
試験日程 年3回 全国各地の試験会場で一斉に行われます
受験資格 年齢・学歴などの制限はなく、誰でも受験できます
ただし、1回の試験で複数の級位を併願することはできません
事前の申込(概ね、試験日の1ヵ月ほど前まで)が必要になります
試用できる
筆記具
ボールペン / サインペン / つけペン / 万年筆 / デスクペン / 油性マーカー / えんぴつ (筆ペンや油性マーカーは使用不可)


級ごとの詳細
  5級  4級  3級  2級 準1級  1級
問われるレベル 小学校3年生以上程度

硬筆書写の初歩的な技術及び知識をもって書くことができる。
中学生・高校生程度

硬筆書写の基礎的な技術及び知識をもって書くことができる。
中学生・高校生程度

硬筆書写一般の技術及び知識をもって書くことができる。
高校生・大学生・一般社会人程度

硬筆書写の専門的な技術及び知識をもって書くことができる。
高校生・大学生・一般社会人程度

硬筆書写のより専門的な技術及び知識をもって書くことができる。
大学生・一般社会人程度

硬筆書写の高度な専門技術及び知識をもって書くことができる。
受験者の数
(平成28年度累計)
5,589 12,561 37,263 9,836 727 773
試験の合格率 94.9% 88.2%  63.7% 46.7% 20.2% 10.7%
受験費用 1,100円 1,400円 2,100円 3,100円 4,500円 5,500円

人気のある級は?

平成28年度の計66,749人という受験者数が示す通り、根強い人気がある硬筆書写検定ですが、人気が集まる級はあるのでしょうか?硬筆書写部門では、3級の受験者が多く同年も全受験生の半数以上が3級を受けています。合格率も60〜70%あたりで、目標としやすい級位と言えるかもしれません。

その3級の試験では一般的な書き方の「楷書(かい書)」だけでなく、「行書(ぎょう書)」で書くことを指定された設問があることが通例です。 目標にしやすいとはいえ、事前に練習をして対策しておきましょう。

がくぶんスタッフも実際に受験してみました!

日ペンの美子ちゃんブームに乗って、がくぶんのスタッフも平成29年度第3回試験を個人受験しました。
試験の申込方法から準備しておくもの、受験当日に気をつけたいこととは?

1.申込まで
硬筆書写検定は、試験概要で紹介した通り、年に3回受験するチャンスがあります。回によって若干の差はではすが、概ね試験日の1ヵ月前までが申込の期限なので、それまでに申込をします。 以前は、受験願書を取り寄せるかダウンロードして記入したり、 書店で申し込む方法などがメインでしたが最近では一般財団法人日本書写技能検定協会のHPでインターネット申込ができるので、以前にまして気軽に申し込めるようになりました。おかげでスタッフは週末の朝、出かける前にスマホで申込完了しました。

2.試験当日まで
インターネット申込の場合は、その後、日本書写技能検定協会から受験料の振込用紙が届きます。郵便局のほか、主要なコンビニで支払いができるので、期限までに忘れずに支払っておきましょう。支払いを終えると、今度は受験票が届きます。

当然のことながら、当日受験票を持っていかないと会場でトラブルになります。また、受験にあたっては複数種類の筆記用具が必要になります。油性マーカーやボールペンは「いざ使ってみたら、インクが切れてた」 という落とし穴もあるので、事前に試し書きをしておくと良いでしょう。

↑当日受験に持っていった筆記用具。この他にも、万年筆やつけペン、デスクペンも使用が認められています。
  実はこの持ち物には「消しゴム」がなく、それによって書きなおしができず自己採点で×になった問題も!

その他、無地の下敷きや会場内で使う室内用の履物を用意しておきます。室内履きはスリッパでも問題ありません


3.試験当日
時間に余裕を持って行動することが基本ですが、6月の試験日ではタオルを、11月・1月の試験日では手袋を持っていくことをおすすめします。検定試験の第1問では、概ね制限時間内に文章を書く問題が出題されます。汗でペンが滑ってしまったり、寒さで手がかじかんでしまうと解答しずらくなってしまうので、気をつけましょう。


合格のコツはあるの?

検定試験とはいえ、ペンを持って字をかくもの。一夜漬けで丸暗記をすることは趣旨も異なりますし(試験問題自体もそういう類でないものがほとんどです)、せっかく目標を持つなら上達する楽しさを味わいながら、試験後も美文字を書き続けられるような実力をつけたいですよね。

そこで、がくぶんがおススメしているのが、日ペンのボールペン習字講座です。 日本のペン習字教育を牽引しつづける「日本ペン習字研究会」の通信講座なら、1日20分ほどの練習を重ねるだけで上位の級位にも合格できる実力が身につけられます。

基本から応用まで幅広くカバーできる日ペンなら検定対策にもバッチリ!

小田さん 大変丁寧でわかりやすい指導は、他のテキストの類とは比べ物になりませんでした!
これからもわからないことがあれば、この講座のテキストを見るようにします。
おかげで、何度受けても合格できなかった硬筆書写検定1級も突破することができました。

はじめは「大人があ・い・う・え・お なんて」と周りにからかわれたこともありましたが、 ちょっとしたメモやあて名書きがきれいになって、家族や知り合いからもほめられるようになりましたよ。

小田 千尋さん
硬筆書写検定1級合格者作品集

もちろん、日ペンは検定1級合格者も多数輩出しています。
何と1級合格者だけで作品集を作れるほど。1級合格者の4割が日ペン経験者、ということもありました。




日ペンの美子ちゃんもあなたのペン習字を応援します
人気キャラクター「日ペンの美子ちゃん」はボールペン習字講座のマスコットキャラクターです。元気いっぱいでチャーミングな美子ちゃんもあなたの上達を応援しています!

美しい文字をしってほしい!その想いと実現の喜びを全国に広めています。
日ペンのボールペン習字講座 お申込みは今すぐどうぞ!


受講を申込む


通信教育・通信講座情報 ページの先頭へ