リンクス パララックスVSドライバー41.5 【日本ゴルフスクール】

リンクス パララックスVSドライバー41.5 【日本ゴルフスクール】
拡大画像を見る
goods/image/110391_m2.jpg
goods/image/110391_m3.jpg
goods/image/110391_m4.jpg

超短尺だから実現できる抜群の高ミート率で、確実な飛距離アップを狙え!

商品説明

スコアメイクの鍵を握るのはティーショットの精度。超短尺設計の《パララックスVS》ドライバーが、あなたのティーショットの精度を飛躍的に高めてくれる。

ブランド名 リンクス
商品コード 1103911
価格 26,460 円 (税込)
商品の種類 商品の種類をお選びください。ページが更新された後に、「購入する」ボタンが出てきます。
数量
カートに入れる
この商品についてお問い合わせ
リンクス パララックスVSドライバー41.5画像1 リンクス パララックスVSドライバー41.5画像2

一度味わったら病みつき!短尺ドライバーの魅力とは

この最大の特長は全長41・5インチという、一般的なドライバーより10cm以上も短い超短尺設計。このドライバーを手にしたアマチュアゴルファーの大半は、あまりのミート率の高さに驚きの声を上げる。

東京都の57歳・佐伯さん(仮名)に使い心地をうかがうと、「今までドライバーショットは1ラウンドで一発当たるかどうかだったのに、このドライバーにした途端、ミスがほとんどなくなりナイスショットを連発!短尺だから飛ばないと思っていたけれど、ミート率が上がった分、確実に飛距離が伸びた。今までドライバーは長ければ飛ぶと思っていたけど、完全に誤解でしたね(笑)」と笑顔で語ってくれた。

こちらの佐伯さんのように、ミート率の低い方には短尺ドライバーが絶対にオススメ。また、短尺を打った経験があればお分かりになるだろうが、短尺だとバシバシ芯に当たるためドライバーショットが簡単に感じられる。すると少しずつ飛距離に対する欲が出て、長いドライバーに持ち替えると、これまで好調だったドライバーショットは影を潜め、ミート率も飛距離も低下の一途。結局ゴルフそのものの調子さえ悪くなる。

もうそんな欲はかなぐり捨てて、生涯のエースドライバーにするつもりで短尺ドライバーを手にしてみてはいかがだろう。セカンドショットをフェアウェイから打てる安定感がスコアメイクにも多大な貢献を果たすことだろう。


ヘッド素材には高粘性・高硬度で反発力に優れる15-3-3-3ベータチタンを採用。この高強度フェースの耐久力をさらに高めるためにカップフェースを採用し、これを磨きあげて薄型化するとともにブラックIP加工を施してルール基準値0.83を上回る反発係数を実現。また、ソール後方に比重の重いメタルウエイトを配し、重心を低く深く設定。非力でも強く高い弾道が得られ、大幅なキャリーアップが図れる。 あなたのドライバーショットを劇的に変えてくれる短尺の威力を、ぜひ体感していただきたい。

スペック

ロフト角(度)11
レングス(インチ)41.5
ライ角(度)58
ヘッド体積(cc)460
シャフト硬度RSR
総重量(g)±288290
バランス±C3

ヘッド素材15-3-3-3ベータチタン+メタルウェイトブラックIP加工
シャフト短尺専用オリジナルカーボン
グリップ短尺専用軽量ラバー
モデル高反発モデル
反発係数0.830オーバー
その他※高反発・オーバーサイズのため公式競技にはご使用になれません。

商品購入はこちらから

この商品を買った人は、こんな商品も買っています


ページの先頭へ戻る