ロイヤルウェポン SHO−BU プレミアムVIP 【日本ゴルフスクール】

ロイヤルウェポン SHO−BU プレミアムVIP 【日本ゴルフスクール】
拡大画像を見る
goods/image/110384_m2.jpg
goods/image/110384_m3.jpg
goods/image/110384_m4.jpg

13度のビッグロフトと高弾性シャフトで、未知の高弾道インパクトを生む高反発ドライバー!

商品説明

ヘッドスピードにクラブのロフト角を合わせれば、シニアの飛距離はまだまだ伸びるし、これにシャフトの反発を加えればもっともっと飛ばせる。 この《SHO‐BUプレミアムVIP》で高反発シャフトの夢の競演でプロ並み高弾道を実現だ!

ブランド名 ロイヤルウェポン
商品コード 110384
価格 32,184 円 (税込)
数量
カートに入れる
この商品についてお問い合わせ
ロイヤルウェポン SHO-BU(勝負)プレミアムVIPドライバー画像1 ロイヤルウェポン SHO-BU(勝負)プレミアムVIPドライバー画像2 ロイヤルウェポン SHO-BU(勝負)プレミアムVIPドライバー画像3

シニアのヘッドスピードなら飛距離25ヤードアップも可能!

「シニアゴルファーが飛ばなくなる原因の大半は、ロフト角が合っていないことです」と断言するのは、日本プロゴルフ協会A級ティーチングプロの金橋香折プロ。 シニアに多いヘッドスピードの38m/秒以下の場合、10度や11度などの一般的なロフト角のドライバーでは適正な打ち出し角が得られず、飛距離は落ちてしまうそうだ。

そこでプロが推奨するのがブラッシー。「ブラッシー」とは2番ウッドのことで、ドライバーより打ちやすくキャリーが出ると大人気だった番手だ。

「80%以上のシニアゴルファーがドライバーより飛ばしていました。ブラッシーのロフト角は13度前後。つまりヘッドスピード38m/秒以下の方には、大きめのロフト角がぴったりなのです」とプロは話す。 そして、このクラブのロフト角は13度。まさにブラッシーだ。高い打ち出し角が得られ、大きな飛距離アップに結びつく。

また今回、従来より高反発ゾーンを拡大させたNEWハイパーカップフェース(肉厚変動フェース)を採用。ミスが出にくく高反発フェースの威力を堪能でき、高いボール初速により安定した大きな飛びを実現する。 さらに、シャフトの匠、塚川和成氏がおよそ8年の歳月をかけて完成させたスペシャルシャフトを装着。レディースよりも軟らかく大きくしなるのに、トルクをダブルエックスシャフト並みに抑えることでヘッドスピードを高めつつ、横ブレしない高弾道キャリーを実現。
この効果もあって試打会で最大25ヤード、平均でも15ヤードの飛距離アップが確認できた。

スペック

レングス(インチ) 43.75
ロフト角(度)13
ライ角(度) 61
ヘッド体積(cc) 460
総重量(g)±3 282
バランス±1 C6

ヘッド素材 超反発NEOハイパーチタンフェース+高精度6-4チタンボディ(カップイン型)+ゴールドアモルファス加工
冷間圧延アズロール製法
フェース角FA-2(H2度)、フェース高57㎜、フェース厚2.1〜2.7㎜
シャフト K.Tsukagawaハイスピード50(超軽量・高弾性仕様)カーボン
シャフト硬度R
グリップ SHO-BUオリジナル超軽量ラバー
付属品 ヘッドカバー
その他 ※公式競技使用不可

商品購入はこちらから

この商品を買った人は、こんな商品も買っています


ページの先頭へ戻る